まったり暮らしで日々少笑


by yamaemura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イギリスツアーから離団

6月7日(火)
ツアー便は午後から日本帰路へ、
7日目からは、ツアーから離団して4人フリーの旅。
ロンドン2泊、コッツウォルズに3連泊(日本語の分かるイギリス人経営のB&B)

予約をしていたロンドン・パディントン駅近くの
ホテルに荷物を置き、ベスチャトーガーデンへ


地下鉄の符の買い方、どの地下鉄に乗ればいいのか、わからないだらけ。
知っている限りの英単語を並べ聞きまくって何とか目的地へと向かった。
分からないときは聞くのが一番、イギリスって親切な人が多い。
電話のかけ方まで教えてもらった(笑)。
アダルト4人組、凄い!
a0198243_1352129.jpg

憧れの2階バス。

ロンドン・パディントン駅からオックスフォード経由、ハニーボーン駅下車。
ハニーボーン駅に、今回宿泊をさせてもらうご主人が迎えに来てくれていた。

ウイズリー村の宿泊先ホテル(B&B)。
a0198243_2291129.jpg

ご主人は日本に住んでいたことがあり日本語が話せるので安心。
今回、出先から電話してタクシーを手配してもらったり、本当に助けてもらった。
手のかかる、困ったおばさんたちだと思ったことだろう。

ブロードウェイのインフォメーションで言葉が通じず、
ホテルに電話して、タクシーを呼んでもらいスノーヒルマナーカーデンへ。

ベスチャトーガーデン
a0198243_1534194.jpg

お庭というより、自然に近くて「森の公園」といった庭。
これだけの種類の植物を管理するエネルギーはすごい。
イギリスは一日に四季があるといわれるように、天候の変化があって、
6月でも朝夕は涼しくて、昼間突然雨が降ったかと思えば、しばらくすると日が差してくる。
日本のように水遣りは困らないみたい。
日照時間はだいぶ日本とは異なり、夜九時ぐらいまで明るいのには驚いた。

ヒドコート・マナー・ガーデン
a0198243_213599.jpg

まず庭の広大さに驚かされた。世界各国から集められたという
さまざまな花や植物の種類の多さ。庭園を歩くと次々と
趣の違う庭が現れ、見飽きることがない。
庭に見とれて閉園の時間になっていることに気づかず。
あわててスタッフを探し、帰りのタクシーを呼んでもらう。
あの時は公衆電話もなく、一瞬あせった。



キフツゲート・コート・ガーデン

女性三代に渡って作られてきた庭園は、
古典的な庭があったり、近代的モニュメントの庭があったり、
時代とともに歩んできた歴史を感じる。
a0198243_262296.jpg

[PR]
by yamaemura | 2011-06-07 00:58 | ガーデニング